男女

バイアグラジェネリックに勝るものなし!愛してやまないカマグラ

後発薬カマグラ

錠剤

カマグラとは印度で製造が行われているバイアグラの後発薬になり、印度国内以外では未承認の薬となるものの国内での個人使用は認められており薬価を大きく下げる事が出来るので治療費を抑えたい方にとっては役立つ機会の多いED治療薬になり、先発薬と成分を異する事はなくシルデナフィルクエン酸塩を用いて用量規格も50mgと100mgがあり、100mgの流通が大部分を占めており、国内で処方出来るシルデナフィルは50mgとなりこの規格では十分に効果を得る事が出来なかった男性の方にも推奨される薬になります。
また本剤には錠剤以外にも複数の剤形が存在し、濃い青色が特徴の錠剤をはじめ、効き始めを早める特徴を持つゼリーやチュアブルがあり、錠剤以外にはフルーツの味が添加されており、バナナやリンゴ、キウイ等の味が用意されており薬っぽさがなく、また味を楽しみながら投与を継続でき、錠剤の投与が苦手な方にも便利な剤形となります。
剤形や承認国に違いがあるものの、印度の薬剤製造の技術は高く先発薬と変わらぬ作用をもたらしてくれ、勃起抑制酵素ホスホジエステラーゼ-5を阻害する事で海綿体平滑筋を弛緩し環状グアノシン一リン酸が優位性を高める事で血管を一時的に拡張する事ができ、多くの血液を陰茎に輸送し硬度がある勃起状態を起こす効果を得る事ができ、後発薬だからといって効用に変化はなく、また局所的に作用する面も同様になるので外部からの刺激なしでは勃起状態を起こす事は出来なくなっているので媚薬成分等が合成されている心配もないので安心した内服を行う事が出来ます。
また副作用に違いもなく、頭痛や顔面紅潮あるいは火照り等になり効き始めの合図とされる事が出来る症状になり、先発薬と異なる症状が起きるという報告は今のところ無く、この点からも有効性や先発薬と変わらないという事を伺う事が出来ます。
カマグラの承認国や剤形の違いを考慮し、また医師の処方ではないので内服は自己責任の元で行う事になりますが、これらに留意し必要と感じる方には役立つED治療薬になるはずです。