男女

バイアグラジェネリックに勝るものなし!愛してやまないカマグラ

勃起不全の原因を解明

悩み

【勃起が思うようにできないと感じたら】
勃起が思うようにできない。例えば、自慰行為はできるが、性交渉はできない。もしくは勃起に時間がかかる。こうした勃起に関わる違和感は、ED(勃起不全)と呼ばれています。

【EDの3大要因】
EDの原因は、主に3つあります。1つ目が心因性EDです。精神的なストレスが考えられます。仕事でかかるプレッシャー、夫婦喧嘩、子どもを欲しいかどうかという問題など、性交渉へのトラウマや不安によって、EDになっています。
2つ目は器質性EDです。動脈硬化や高血圧、糖尿病に肥満など、血流が悪くなることでEDが起こりやすいのです。
3つ目が薬剤性EDです。陰部の神経に作用する薬の影響によるものです。解熱剤、鎮痛剤、抗うつ薬、血管拡張剤など、気をつける薬があります。

【受診の目安となる5つのグレード】
EDで病院を受診する際、指標となるグレードが5つあります。アメリカで研究され、現在では日本でも使われています。グレードは0から4まであります。数字が小さくなるほど症状は重いです。早めに病院を受診してください。泌尿器科が最適ですが、内科や形成外科などでも、EDの判断ができます。

【多岐にわたる治療】
病院では、問診や血液検査などの診察があります。薬物療法が一般的です。その他、精神的な原因の場合は、カウンセリングを行うこともあります。少数ではありますが、勃起のための補助具や注射、手術を必要とする人もいます。

【年齢に関係なくかかる】
勃起不全は、加齢によることが多いのですが、20代でもかかる病気です。そのため、年齢に関係なく、少しでも、勃起に異変を感じたら、早期治療を心がけましょう。
症状により治療法は様々ですが、共通しているのは、生活習慣病があるということです。過度の食事や飲酒を見直すことから始めます。また、運動不足になっていないか、仕事で重荷に感じることはないかなど、日常生活全般も見直してください。
病院では、男性医師と職員のみで行われることが多いです。女性職員は問診票を渡すくらいで、診察室には入ってきません。安心して医療機関を訪ねてください。性器を見せることはありません。むしろ、EDを軽く見て治療をしないことのほうが、恥ずかしいことなのです。
最後に、パートナーの理解がとても大切です。夫婦関係でお互いの想いを再確認できるからです。根気強く治療に取り組みましょう。